最近おかしな話をよく聞くようになりました。
親が子をいじめたり、子が親を殺したり、
弱いものをいじめて、強いものにはへつらう
そんな話が多く聞かれるような時代になりました。
国の政策も50年、100年後を見据えた政策ではなく、
数年単位の計画をちょこちょこ変えて右往左往しているように感じます。
大学に進学することが当たり前の時代になり、知識は豊富になったはずですが、
知識を活用する”知恵”を身につけていない・・・
そんな大人が多いような気がします。
大人がそのような状態ですから、子供は推して知るべしでしょう。
更に子供は最近は外で遊ぶ場所も見つけられず、想像して遊ぶ事も 難しくなってしまいました。
ゲームの中だけのフィールドでは身につかないことが沢山あることに親が気付いてあげないことも不幸だと思います。
子供が少ないから怪我をしては困る・・・だけでは自然から学ぶ”知識”や”知恵”も身につかないでしょう。
教科書で学ぶこと、ゲームで体験することは世界の中からすれば砂粒ぐらいでしかないことに 気づいてほしいものです。
自然は厳しいです。だからこそ、お互い助け合って生きていくことの大切さを知ることも出来る・・・これもまた真実だと思いますが・・・
50年後、100年後に日本が・・・世界が平和で助け合って生きていける場所であってほしいと願っています。

Leave a reply